プラスチック廃材の買取・リサイクル「亜星商事株式会社」の会社案内

社長の挨拶

弊社は中国で20年に渡り、再生ペレットの製造販売を行っております。
その実績を基に日本工場でも月間1000トンの量産体制を立ち上げました。弊社の特徴は、使用済廃プラに幅広く対応し、その前処理を効率よく行い、再生ペレットまでの一貫生産にあると思います。
今後は、廃プラの発生元で再生ペレットに仕上げれば、環境負荷ゼロで中国及びアジア諸国に供給出来、より安定したリサイクルに繋がります。中国の廃プラ輸入禁止によって、プラスチックリサイクルを取り巻く現状が大きく変化します。私は「BIG CHANGE IS BIG CHANCE」と捉え、同業者の連携によって、WIN-WIN関係が構築出来ると考えております。ご指導、ご鞭撻のほど宜しくお願い致します。

事業内容

  • プラスチック廃材の買取
  • プラスチック再生ペレットの製造・販売
  • プラスチッキリサイクル設備の販売
  • プラスチックリサイクルに関するコンサルタント

  • 本社工場

会社概要

社    名 亜星商事株式会社  ASEI Co.,Ltd.
本社・工場 〒319-0205 茨城県笠間市押辺2403 
電 話:0299-57-3928 FAX:0299-57-3927
敷地面積 4,000 坪
土地建物 4,000 ㎡
東京営業所 【東京営業所】〒101-0041
東京都千代田区神田須田町1-24 神田AKビル5F-A
電 話:03-6262-9494 FAX:03-6262-9495
設立年月 2013年7月
資 本 金 4,000万円
代表取締役 山下 強
取引銀行 常陽銀行 三菱UFJ銀行

会社沿革

1989年
創業者 山下 強(旧名 孫 自強)が留学の為来日
1994年
非鉄金属スクラップ輸出業を開始
1996年
日本初のパチンコ廃台リサイクル事業に携わる
1998年
中国スクラップ輸入ライセンス制度の発足に伴い
上海近郊にて亜星(太倉)再生資源開発有限公司を設立
2002年
事業内容をプラスチックリサイクルに一本化
中国で再生ペレットの製造販売を開始
2005年
中国が日本の廃プラ輸入を一時停止
山下 強が中国プラスチック工業会リサイクル委員会の副理事長に就任
2008年
リーマンショックを乗り越え
中国亜星が年間30,000tの廃プラ取り扱い達成
2013年
日本にて亜星商事株式会社を設立
つくば工場稼働開始
2014年
つくば工場で月間扱い量500t達成
2015年
茨城県笠間市に工場物件を取得
つくば工場から移転
ISO9001、ISO14001 認証取得
2017年
中国廃プラ輸入禁止を受け、笠間工場にて
月間1000t再生ペレット量産体制の立ち上げを決定
2018年
中国へ再生ペレットの輸出を開始
東京営業所を開設
亜星(太倉)再生資源開発有限公司を閉鎖